アテンザスポーツ(GH5FS)のボンネットインシュレーターを交換

46
  • HOME
  • BLOG
  • CAR
  • アテンザスポーツ(GH5FS)のボンネットインシュレーターを交換

中古で購入したアテンザスポーツですがボンネットの裏側にあるカバーのようなものが傷んでおりました。

傷んでいた理由はわかりませんが、2011年式の車ということもあり経年劣化とみなして交換することにしました。

ディーラーで確認すると名前はボンネットインシュレーターで品番はGS1D-56-681A。価格は10147円でした。自分で購入しに行くのが手間な方はGPinnovationで問い合わせすると準備してくれます!!

https://item.rakuten.co.jp/gpinnovation/mazda/

新しいボンネットインシュレーターです。

新旧比較。右が新しいほうです。

裏側です。色味が違いますが経年劣化でしょうか?

ボンネットインシュレーターを留めてあるクリップを外していくのですが、KTC CCP-190 クリップクランププライヤを使用しました。

外したクリップは再利用します。無理やりはめ込むタイプなので気になる方はこちらも注文しておくといいかと思います。

取り付け完了となります。作業時間は15分程度といったところでしょうか。

ボンネットインシュレーターのこの部分が力が加わると曲がりやすいです。(私のは左右2つとも折れてました)

受け取った時に折れていて気になる方はクレームとして伝えてよいかと思いますが、私は裏側の折れ目にシリコーンを塗りこんで接着させました。

ある程度浸透性のあるものでしたら大丈夫だとは思います。

gpinnovation

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。