アテンザスポーツ(GH5FS)のシートベルトの金具による傷を防ぐ

6
  • HOME
  • BLOG
  • CAR
  • アテンザスポーツ(GH5FS)のシートベルトの金具による傷を防ぐ

いつの間にか傷がついており、思い当たるのはシートベルトの脱着において金具が当たったためについたものと思われます。

そこでこの部分に保護テープを取り付けることにしました。取り付けに際して購入した商品は下記商品になります。

まずはドアストライカーを取りはずします。通常のドライバーではなく写真のような形状のビットで取りはずします。S2T40というビットになります。

ドアストライカーを取りはずしたら引っ張りながら貼り付けていきます。今回7cm幅のテープでギリギリ足りるといった感じでした。あまり引っ張りすぎるとカーボン模様が崩れすぎるので適度に引っ張りながら貼り付けると良いかと思います。

余った部分を切り取りますが、直接カッターを車のボディにあてて切ると傷がついてしまいますので、私の場合はヘラを下にあてて切ってみました。

後で思ったのは、下敷きのようなものを下に入れて定規でまっすぐ切ると見栄えが綺麗になったのではないかと思います。(このやり方だとどうしても切り口が綺麗にはなりませんでした。)

最終的にこのような形となりました。ドアストライカー部分でテープは分割させているため目立ちにくくはなっているかと思います。分割部分の模様を合わせてあげるとよりきれいに見えますね。

写真でも分かるかと思いますが、エアはどうしても入りますがカーボン模様だとある程度気にはならないのではないでしょうか。

商品リンクのクリックから24時間以内に何か商品を買い物かごに入れて購入してもらえると、いくらか報酬が私に入りますので、協力していただけますと励みになります!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。