アテンザスポーツ(GH5FS)のバッテリーの劣化具合を調べる

13
  • HOME
  • BLOG
  • CAR
  • アテンザスポーツ(GH5FS)のバッテリーの劣化具合を調べる

中古で購入した際に、バッテリーは交換していますということでしたが、念のため左の画像の商品を購入し劣化具合を調べてみることにしました。3月に車を購入したのでおよそ9カ月経っていることになります。

こちらが説明書になります。もともとは英語だったので分かりやすくGoogle翻訳を使って日本語に替えたものもアップしてます。

バッテリーのターミナル部分にワニ口クリップをセットしバッテリー電力を使って計測します。ワニ口クリップをセットするときはプラスから取り付け、外すときはマイナスから外すようにしましょう。

CCA値は日本のバッテリーには記載されていないようですので、WEB上から一覧表を検索し値を入力しておきます。検索ワードは「CCA JIS 一覧表」くらいで出てくるかと思います。

バッテリーの容量を見て調べたかったのですが、アテンザスポーツはバッテリー周りに養生がされていたりして、確認することができなかったので取扱説明書に記載のバッテリーサイズから調べることに。

L5-VE型エンジンのアテンザスポーツのバッテリー型式、容量は「80D26L、55AH (5時間率)」になりますので、本来であれば「490」と打ちたかったのですが違う値で入力してしまってます。

今回計測したバッテリーの現在のCCA値は500.8ですね。

SELボタンを押すと表示が切り替わります。

電圧が12.36Vで内部抵抗値は5.01mΩです。一般的に正常な鉛蓄電池の内部抵抗値は10mΩなので問題なさそうですね。

定期的に計測して様子を見たいと思います。

総走行距離:95005km

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。